生存権裁判を支援する全国連絡会ウェブサイトへようこそ

憲法97条は、人権を「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」であると明言しています。しかも、この「努力」は、英文憲法ではストラッグル、すなわち闘争なのです。人権・権利は、人々の闘い・運動によってかちとられたものであるという憲法の歴史観-これこそ国際常識ですが-を改めて確認したいと思います。

ところが、自民党の憲法改正草案では、この97条は完全に削除されています.権力者,支配者にとってもっとも脅威なのが「人権のための闘争」だからでしょう.

生存権裁判は、まさにこの「人権のための闘争」の唯一ではありませんが、最重要なものの一つだと思います。

現代の「人権のための闘争」に不可欠なのは情報だと思います。そこで、遅ればせながらではありますが、全国連絡会では活動内容をお知らせし、各地の生存権裁判支援運動の交流の場とするために、ホームページを開設することにしました。

積極的にご利用いただき、より活発な議論の場とし、さらに運動(闘争)を大きく発展させる機会としていただくよう重ねてお願いいたします。

 

生存権裁判を支援する全国連絡会 会長 井上英夫

生存権裁判にご支援をお願いします

seizonken_flyer_01_image
リーフレット ダウンロード(PDF)
    朝日訴訟から生存権裁判へ
『朝日訴訟から生存権裁判へ 』
購入はこちら